プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

台本頑張ろうって話と、あんまり好きじゃない観劇態度

久しぶりのブログ。

 

笑う茶化師と事情女子、終わりました。

いやあ、しんどかった。今回はなんだかものすごく体力を持っていかれた。たぶん、今回が特別というわけではなく、僕が太ったからだと思う。参ったぜ、ほんと。登録したはいいけどすっかり通えてなかったジム、再チャレンジしようと思います。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

ツイッターに、『「今回の作劇の苦悩について」と「大阪と東京の反応のあまりの乖離について」と「おもしろ仕上げの悪意バラマキ文」をブログに書きたい』なんて書いたが、案の定、今そのモチベーションは低下している。

 

作劇の苦悩についてなんか全然書きたくないわ。

あ、でもこれだけ書こう。言い訳。

 

「茶化師が活きてない」「茶化師の活躍が見たかった」という感想をわりと貰いました。

これね、僕もマジでそう思います。

このタイトルをつけたとき、僕だってその想定だったし。

茶化師が仕事すると思ってたし。

 

でもな、これマジ、やってみ?

ほんと、作家の人全員にやってみて欲しい。

 

茶化してみ?

茶化すという行為で、ドラマを進めようとしてみ?

マジ、何も変わらんから。ビビったわ。

 

僕ねえ、「茶化すことによって、なにかドラマが動く」って思ってたんですよ。

でもぜんっぜん、無意味なの。

茶化しても茶化しても、そんなの別に何も始まらないの。

ちょっと雰囲気おもろいだけで。

あんときはマジでビビったぜ。

「やべえ、終わんねえじゃねえか、この劇」って思ったぜ。

だからこういうお話になったんですわ。

これはこれで、僕の辿り着いた結末だし、好きなんですけどね。

 

あと、もっともっと最初の想定では「茶化師」「誤魔化師」「接続師」「ヤクザ医師」の男子たちと、「事情女子」「連絡女子」「代表女子」「女子総合」の女子たちで、話を軽く編んでました。「代表女子」と「女子総合」とかおもしろいでしょ? 代表女子は個人だけど、女子総合は全体なんですよ。やばいっしょ?この会話は書いてみたかった。

 

いやマジでチラシに余計なこと書かんで良かったわ。

こいつらの出てくる話も、それはそれでおもろくなりそうなんだけど。

チラシのイラストも、マジ関係なくてごめんなさい。

僕の中では、劇中で梶野に依頼があった演劇のチラシのイラストだと解釈しています。

っていうかもう、そこしかないし。

それじゃないとしたら、もう、マジで関係ないし。

 

あと、ツイッターの感想だったと思うけど、物語の展開について「台本が遅れたことが悪影響を及ぼしたのでは」みたいな話があった。

別に文句があるわけじゃないが、これね、順序が逆なんすわ。

逆でもないんだけど。感覚的な話ね。

 

「これじゃ駄目だと思ってねばってたから、台本が遅くなった」んですよね。

 

まあ、結果「台本が遅れたから問題」ってのは変わらないんだけど。

だからそれは猛烈に反省して、もう次回のやつとかは今から書くけど。

 

「台本が遅くて、急いで仕上げるためにこうした」わけじゃなくて、「こうしたくなくて、ねばってねばってしぶとく戦った結果、台本が遅くなった」んですよ。

これがね、僕の中では結構大きな違いなんです。

 

ただ、僕はここで上演中止の選択はやっぱりできない人間なので。

「台本が遅くなり、急いで仕上げるためにこうした」とほぼ同義なんですけどね。

結果的にはね。

 

自分の中での、気持ちの落ち着け方の問題ですわ。

「駄目だと知りながら上演したのか?」って話にもなってしまうんだけど。

駄目だとまでは思ってないけど。違う所にたどり着きたいって思ってはいたわけで。

 

そこはもう、なんだろう。

死ぬとかも含みながら誠実に悩んだ結果ですってことで、許されたりはしないだろうか。

 

まあ許されたりはしないけどさ。

そんなことは、関係のないことなんだけども。

 

この件に関して、劇団員たち、本当に暖かい。

別に何気ない一言だったけど、飲んだ帰り道か何かに「一回さ、自分が納得するまで書き直してみたら?」って松原に言われたの、嬉しかった。

 

まあ、これまでにも僕が諦めて、台本のことにブツクサ言いながら上演を迎えていることが多く、それが不快であるという表明にしか過ぎないんだけど。

 

確か完本は小屋入りの一週間前くらい。

ここだけの話、MONOの土田さんが「一週間前まではね、役者もまだ笑ってくれるんだよ」って言ってた。それを切ってくると、どんな冗談を言っても笑わない世界に突入するらしい。

僕これまで、その世界に突入する前に自分で見切りをつけてきてる。

それも良くないのかもしれないね。

信頼なのか、甘えなのか。

僕が思ってるより、もうちょっと自分本位の時間があっていいのかも。

……あっていいことは絶対にないけど。

 

僕が「これじゃ上演したくない。ごめん。無理だ」と言ったら、彼らは受け入れてくれるんだろうか。どんな顔をするんだろうか。

 

……どんな顔するか分からないけど、そんな顔させちゃだめだろうな。

 

逆に、役者が「本が遅い。こんな稽古期間じゃ上演したくない。ごめん。無理だ」と言ったら、僕はどんな顔をするんだろうか。笑みに近い何かな気がする。

 

台本がどうこうのくだり、もう、いい加減にしよう。さすがに。

やりたくなる台本を、まずは書こう。

 

書いてみて、やりたくなるまで読んでみて。

 

役者と、演出家しかいない稽古場を作ろう。

 

(今書いて思ったけど、“作家は孤独”って本来こういう意味なんだろうな。稽古場でみんなが待ってくれてる作家なんて、全然孤独じゃねえじゃねーか。だせえ)

(作家は、稽古場とは無関係だから、孤独なんだろう)

 

##

 

あと僕、この公演で気づいた自分の性格があったんですけど。

僕、観劇する態度が悪い人めっちゃ嫌いですわ。

ぜんぜんそこ、寛容なタイプだと思ってたけど。

なんか、イライラしちゃった。

 

「観劇マナー」とはちょっと違うんですけどね。

態度ですよね。

なんか、「咳をゴッホン!(俺、つまんないと今思ってますアピール)」とか。

 

これ多分被害妄想じゃないと思うんですけどねー。

劇王のときもいたし。

たぶんわざとだと思うんですよ。

溜め息とか。

頭をうなだれるようにガクッと下げたりとか。

 

なんか、今目の前で芝居をしてる我々及び周囲のお客さんに、何かをアピールしているように思えるんですよねー。

そんなつもりないって言うんだろうけど、たぶん、これは深層心理で。

アピールでしょ? 軽く足ゆすったりとか。

 

この小さい空間で、僕たちの視界に入って、わざとやってるとしか思えない。

わざとならやめて欲しい。

わざとじゃないなら、できるだけ来ないで欲しい。

それはもう未就学児と一緒でしょう。頼むわ。

(匿名劇壇は未就学児入場不可です。)

 

僕、結構前から「演劇は限られた人の限られた楽しみでいい」って公言してて、演劇界を大きくしようとか全く思ってなくて。

ただこれ、社会とのコミット的な話に展開すると、ちょっと違うからそれは別件にしてほしいんだけど。(詳しく話すと長くなるし。)

 

ドレスコードじゃないけどさ、「上演中に不快感をアピールする人」とか「上演・観劇の妨げになる反応をする人」は、僕の劇は、ちょっと無しにしたいなー。

なんか、そういう人、嫌だなー。

 

大阪と東京でもあったんだけど、カーテンコールの音楽が流れた瞬間に、「え?終わり?」みたいなことを、客席にも舞台上にも聞こえる声で言った方がいて。

 

そう思わせてしまった作劇・演出をした僕の罪はあるとしてね。

それはもう僕に罪があるんだと思うけどさ。

 

その「罪」と、『「え?終わり?」と“感じる”』はしっくりくるんだけど、

その「罪」と、『「え?終わり?」と“発声する”』はしっくりこないんです。

こう、つり合いが。

 

なんだろう、つい出ちゃったんだろうけど。

 

僕、それ、つい出ちゃわない。

出ちゃわないんですよ、それ。

 

電車でオカマを見たとき、「オカマや」ってすぐ言う人いるじゃないですか。

ちょっと臭いとき、「なんか臭くない?」ってすぐ言う人いるじゃないですか。

 

僕、ああいうの、嫌いなんですよ。

(うわごめん、これは単に人の好き嫌いの話で演劇関係ないです)

(ちょっとペンが走ってしまいました)

 

なんでそんなに寂しがり屋なの?

これ、本当に「つい」出ちゃってますかね?

「つい」というか、寂しがり屋過ぎでしょ。

 

もちろん、全然匿名劇壇の意思決定じゃないから、強めの表現のせいで変なリアクションが返ってくると少し困るんだけど。なんというか、僕の個人的な感情です。

 

演劇見てるときは、携帯電話の電源を切るのと同様に、

喋らないで欲しいし、貧乏ゆすりをしないで欲しいし、咳をしないで欲しい。

 

理由は全く一緒で、観劇・上演の妨げになるから。

上演の妨げにもなるんですよ。

だって見えるから。

集中してないとかじゃないです。集中してたってそんなもん見えるわ。アホやないねん。

 

生理現象だから仕方ないってのはもちろんね?

僕だってクシャミとか「(あぁ…唾液が完全に気管にいったパターンね…)」と思われる咳に、「ゴルァアアア!」なんて言わないよ。言わないし、思わない。

そこはわかりますよね?ニュアンスで。今、そんな話じゃないですからね?

例えば、「寝る」とか。

これは真摯に受け止めるし、残念だなって思う。

 

ただ、『わざとブーストかけて「寝る」を選択する』人いるでしょ?

これはもう見た目上分からないから何にも喋れないけど。

分析できないし。

でもね。

「もういいや、つまんないから、寝よう」と思って「寝る」のは、違うでしょ。

寝てまうのはわかるけど、寝んでもえーやん。

貧乏ゆすりしてまうのはわかるけど、我慢できるやん。

それはもう、わざとやん。

 

あまり不用心に、無作法に、僕の劇には来ないで欲しいと思う、っていう、気持ち?

ささやかな、気持ちです。そう思っただけです。

 

未就学児入場OKの劇があると思うから、そういう劇に行けばいいと思う。

なんで未就学児入場不可なのか、わかると思います。

未就学だからダメなんじゃなくて、挙動がアンコントローラブルだからダメなんです。大人でも、挙動がわりとアンコントローラブルな人は、ダメです。

 

そして、コントローラブルでやってる人は、嫌いです。

って思いました。

 

##

 

結局いろいろ書いてもうたわ。

書くと書いてまうわ。

 

食べると食べてまうみたいに。

 

ほな。

 

(了)