プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

当日パンフレットのご挨拶公開

お世話になっております。

少しでも興味を持っていただければと、パンフレット挨拶文を公開いたします。

ここで読んでしまったために劇場で暇になりそうな方には、二年前の、初演時の挨拶文をお渡しするのはどうかなと考えています。よろしくどうぞ。

 

##

 

ご挨拶

 

 「なぁなぁ、演劇ってどんなんなん?」

 

 彼女は笑って尋ねる。僕はどう答えたものか悩みながらも、「観たらわかるから」と返す。期待感を煽られたのか、彼女の歩みが少し早くなった。

 僕たちがこれから観に行く劇団は、名を匿名劇壇という。近畿大学出身のメンバーたちで、今年で結成七年目の中堅劇団だ。今回は昨年OMS戯曲賞で大賞を受賞した『悪い癖』という作品を上演する。僕は二年前、初演を観た。もう一度見たいと思っていたところだった。ただ、演劇を見たことがない彼女を初めて劇場に連れていくのにふさわしい劇団かどうかは、正直微妙なところだ。もっと分かりやすく、もっと人気のある劇団は他にもたくさんある。例えば今週なら、ノンバーバルパフォーマンスの殺陣芝居を上演する劇団壱劇屋。迫力のあるアクションに、おそらくは寓話調の心打たれるストーリー。きっと彼女は満足することだろう。あるいは、アトリエである小さな民家で公演を行う突劇金魚。確かな筆致で描かれた台詞たちが空間を満たし、濃密な時間を体験することができるだろう。いずれにせよ、彼女の「演劇ってどんなんなん?」という問いかけに、何らかの答えを突き付けてくれるに違いない。

 ところが匿名劇壇。彼らは少し、毛色が違う。誰よりも彼らこそが、「演劇ってどんなんなん?」とこちらに尋ねてくるのだ。これで合ってますか、これで正しいですか、正しいと思うあなたは間違ってますか、そんなふうに思う私たちは誤ってますか、などなど。正直、困ってしまうことも良くある。昨年、彼らが上演した『戸惑えよ』という作品は、もはやメッセージなど皆無で、答えすらないと分かっているにも関わらず、無意味に問いかけられ続け、何をどう感じて良いのか全く分からず、「戸惑ってしまった」。さらに言えば、それはつまらない体験だった。

 

「え、めっちゃ目の前やん!」

 

 JR伊丹駅を降りて改札を出て左。すぐ目の前に現れた劇場を見て、彼女は驚く。JR大阪駅から電車に乗ればあっという間だ。HEP HALLのエレベーターがやけに混雑している場合の方が、着席までは長いんじゃないかとさえ思える。もちろん錯覚だけれど。受付を済ませ、場内に案内される。まず舞台美術。初演とほとんど変わらない気がした。

 今回はチケットの売れ行きが芳しくないらしく、空席が目立つ。彼女も幾分か不安げだ。失敗したかなと、思った。やはり、初めての演劇で連れてくるべき団体ではなかったのかもしれない。なぜ、僕は匿名劇壇を選んでしまったのだろうか。

 

「なんか、ドキドキしてきた」

 

 期待しないでくれ、と僕は思う。申し訳ないという想いが、込み上げてくる。こんな気持ちになるのなら、違う劇にすればよかった。彼女は、終演後、どう思うのだろう。自分が作った劇でも何でもないのに、僕は手に汗を握っていた。

 僕はやがて、その緊張の理由に思い当たった。

 二年前、この同じ劇場で、僕はこの作品を見て、こう感じたんだ。

 

「これは、僕の劇や」

 

 この劇をつまらないと思われることは、僕の悩みをつまらないと思われることだ。僕の心象風景を、僕の眼に映る世界を、つまらないと思われることだ。だから僕は、この作品を選んだのだ。まるで僕をさらけ出すように、彼女に『悪い癖』を見て欲しいと思ったのだ。そして願わくば、共鳴してほしいと思ったのかもしれない。人気劇団でもなく、退屈な作品を上演するかもしれない匿名劇壇を選んだのは、僕のセンスを披露したいからではない。僕そのものを、僕が何に悩み、何に苦しみ、何を希望であると感じているのかを、君にだけ、知って欲しいと思ったからかもしれない。

 

 「なに、あたし、顔になんかついてる?」

 

 彼女は怪訝な顔でこちらを見た。

 

 「いや……。本日はご来場、誠にありがとうございます」

 

 「なにそれ、朔ちゃん、劇団の人なん?」

 

 「いや、ちゃうけどさ……」

 

 「なんなん、それ」

 

 「あ、携帯の電源は切っとかなアカンねん」

 

 「え、そうなん?」

 

 「ほら、途中で鳴ったら恥ずかしいやろ」

 

 「ほんまやな。っていうか、今流れてる曲、変なの…」

 

 まもなく、始まる。

 

 

(文・匿名劇壇主宰 福谷圭祐)

 

##

 

匿名劇壇「悪い癖」

AI・HALL

2017/10/26 (木) ~ 2017/10/29 (日)

携帯からの予約はこちらをクリック!