プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

『エンドルフィン』について

お世話になっております。

 

『エンドルフィン』が盗作かもしれない、にまつわる話を書きます。

ただし、無意味に拡散されることを目指すわけではないので、特に詳細も示さず、「分からない人には分からない」でいいと思って書きます。

 

自分の誠実さを、自分の本音を、自分が自分だと認識している部分を、ドロリと引き摺りだすとすれば。悪い芝居の山崎彬さんになんて、嫉妬も嫉妬、大嫉妬で。作風に憧れるし、多方面で評価されているし、顔が格好いいし、仕草も格好いいし。生物的な、ただひたすらオスとしての敗北感を感じてしまうことが多くって。

だから、もし、『エンドルフィン』が盗作だったのだとしたら、僕はともすれば、笑顔になってしまうのかもしれなくて。「ひゃー!パクっちゃった、パクっちゃった!表現者の風上にも風下にも置きたくねーから、無風の地下室でワッホホーイ!」とか訳のわからないことを言ってしまうかもしれなくて。もちろん、それってどうかと思う感情だと思うから。自分の感情の在り方を見定めようとしつつ、今も。

 

正直、今自分が何を書こうとしているのか、曖昧です。

まず前提として、「盗作だ!盗作だ!」と騒ぎ立てるつもりはなく。また、該当作と比較し、どこがどう似ているかを検証するつもりもなく。あくまで公式発表に沿って、その「該当作」についてもここでは出さないようにするし。

今、自分が何をどう思っているのかわからなくて。ただ単に、それを探し出すためにこの文章を書いているに過ぎなくて。だから、そうだな、まず「このくだりに関してのレポやまとめ的な何か」を期待している方向けのブログでは、ないかな。やまもといちろう的告発ブログではないので、事実の検証もしません。

 

こういう、ともすればデリケートなものをデリケートな立場のまま触れるとき、僕の文章は異常なほど輝きを見せるっていうことも自分でわかっていて。その輝きを出すための材料にしたいだけなのかもしれない、なんて打算的な考えも、本音をズルリと出せば出てきちゃうような気もしているし。

とはいえこうして書きながらも、考えはぶれていく。どこがどう似ているかを検証するつもりはないと書いたが、「似ている、というレベルのものではない」ということは書かなければいけないし、今書いた。ツイッターでも書いたが、『エンドルフィン』に「似ている小説」と言われているものは、いわゆる「原作」として扱われるレベルの「似てさ」だった。筒井康隆『毟りあい』→野田秀樹『THE BEE』のような。随分昔の記憶なので曖昧だが、「再現度」で言えば本作の方が高いのではないかとさえ思っている。

 

多分、著作者がこの事実を知るかどうかは微妙だし、たぶんこのまま訴えなど起こらないまま時が過ぎていくだろうし、ことの真相みたいなものも当然僕にはわからないままで。それにそれを暴くために暴れようとも思っていない。あくまで感情の整理?エンドルフィンの感想?……でも、少なくとも、「指摘された作品と、物語の内容及び台詞もたくさん一致していた」っていう事実は伝えなきゃと思っているかもしれない。それってなんでだろう。

アフタートークで、僕、最後に、本心からこう言った。「この作品って、(こんな豪華なメンバーなのに)一万人も見ないでしょ?そんな中、この作品を見れた(ごく少数の)一員になれたことが本当に誇りだし、そしてここでこうしてお話しさせてもらえたことが、心から光栄です」と。なんか、そのときの気持ちに本当に嘘がなくて。おべっかでもなんでもなく、スルスルっとこんな言葉が出てきて、多分一緒に舞台上にいたお三方に想いは伝わったと思っているんですけど。つまりその、「(ごく少数の)一員」である責任?優位性?自尊心?みたいなものが原動力なのかなと推測もしつつ。あ、ちなみにアフタートークに出させてもらったってことより、観客としての、目撃者としての意識のほうが強いとは思います。

 

んで、あとは僕も作家だと自負しているからか?

そうだな。少なくとも、「似ている小説があると騒ぎになっているけど、面白かったし、大満足!関係ない!」という気分にはなれない。すごく関係がある気がしてしまう。また、「似てない!」とも思えないから。「面白かったし、似てる」っていうスタートライン。

クリエイターとして「おもろかったらええやん」ではいけないと思えてしまう。それは、爪楊枝をじゃがりこに突っ込むことに似てる。おもろくても、ダメなものはダメだ。そして、ダメなものはダメでも、おもろいのだ。おもろさと、ダメさを、遠心分離機にかける。まあ、爪楊枝をじゃがりこに入れることは面白くはないけどさ。

 

ただ、ロコローションよろしく、後から許諾を取ってクレジットが足されたら大満足、っていうような気持ちではないことは確かで。また山崎さんが完全に盗作を認めて謝罪したら大満足、なんて訳でもないけど、もしかしたらそれで自分は喜んでしまうのかもしれない、なんて恐怖だけは抱いてて。ってことは糾弾したくてたまらないんじゃないか、と思うけど、いやほんと、自分はそんなにゲスな2ちゃんねらー的性格じゃないはずでしょって思うし。何に対する保身で、こんな曲がりくねった文章なのかと落ち込むし。

 

山崎さんとは一度しかご挨拶をしたことがなく、今回もお会いできず。

 

んー。

今、僕はもしかしたら、こんな未来を過ごせると、満足するのかもしれないってのを思いついた。

山崎さんと会って、「やっちゃいました?(笑)」と僕が言って、あとは殴られるか無視されるか抱きしめられるか泣かれるか笑われるか、わかんないですけど、結果がどうあれ、「やっちゃいました?(笑)」って言えれば、満足するのかもしれない。でも、それをこんなふうにブログに書いてしまうのは、なんでだろう。面と向かっては言えないような気がしているからかな。自己顕示欲も、あるんだろうな。いずれにせよ、自分の、なにか、最初に書いた通り、「自分の誠実さを、自分の本音を、自分が自分だと認識している部分を」ドロリと引き摺りだして、こんなことになってんだな。キチャネーもんしか出てこねーや。ライチ光クラブだね。俺のないぞーも汚れてんだ。

 

モノモースサイトのメッセージ。

「あれじゃ物足りない」という意見も見た。あれで物足りないのは「認めるか、認めないか」の部分だと思う。あのメッセージから僕がくみ取ったのは、「イメージのひとつであった小説の存在を、モノモースメンバーは知りませんでした」という内容のみ。確かに「認めるか、認めないか」からは逃げていると思う。でも、逆に言うと、山崎さんがちゃんとそこを引き取ったわけで。モノモースメンバーは、『エンドルフィン』という戯曲と向き合っただけだということで。その『エンドルフィン』という戯曲に対する云々については、作家である私が引き受けます、っていうメッセージに僕は見えて。だからやっぱり、僕もモノモースと『エンドルフィン』は分けて、『エンドルフィン』の話をしたいと思う。

 

多分この公演はもうDVDにはならないだろうし、戯曲も出ないだろうから。おそらくは上演を目撃した2000人以下(推測)の、小さな事件。これは、その中のモブキャラのブログ。

 

糾弾するつもりはないし、多分今後も山崎さんの公演を観に行く。

 

ただし、『エンドルフィン』は、「ある小説」と似ていたのだと、書く。ちゃんと書く。これは多分、これもまた、『エンドルフィン』の感想なんだ。……「ある小説」って、なんでそこを僕も伏せてしまうんだろう。矜持?マナー?気遣い?恐れ?ま、ほんの少し積極的に調べるだけですぐに分かることだからかな。「ほら!これこれ!これと似てるんだよ!ほら!これこれ!」的なことではない、ということを強調したいのかもしれない。でも、「似ていた」って事実を伝えたいって、なんだこのバランス。ほんとハンパで嫌になる。

 

どーせ、騒ぎを聞きつけた野次馬も、このブログを読んでんだろーな。感想をツイートする人ひとりひとりに、「〇〇と似てるんですよ!」となぜか悲痛なほど訴えてたあの人も、見てるんだろーな。「〇〇と似てるんですよ!」というリプライを受けたあの人も、読んでんだろーな。

 

ふん。プライバシーの侵害だぜ。

でも読んでくれてありがとうな。

 

僕は、『エンドルフィン』を、観たんだ。

そして、こんなことを考えている。

 

それを、残したかったんだ。

 

それだけ。

この記事、何年残るか知らねーけど、知らねーよ。

 

出演者三人も、美術も音響も照明も、演出も、マジですげーって思ったから。

それはそれで残すし、これもこれで残すから。

 

(了)