プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

雑すぎるブログだが、ほんと最近投稿できてないので、無理やり諦めて投稿してしまおう

お世話になっております。

 

突劇金魚『僕のヘビ母さん』、終了いたしました。

ダブルキャストもロングランも、確かそんなに経験がなかったはず。民家で公演することもたぶん初めてだと思うし、被り物をするのも、白塗りをするのも初めてだった。『僕のヘビ母さん』、とても新鮮な経験となりました。力不足を痛感しつつも、一生懸命楽しく取り組むことができました。

 

僕は、「演じる」ということが苦手です。「成りきる」ということが苦手です。あと、できないことはやらないタイプの人間です。だから、「ヘビ母さんを演じる」「ヘビ母さんに成りきる」というアプローチは、しませんでした。できないし。僕、ヘビ母さんじゃないし。福谷圭祐だし。なんで役者やってんだよ、って感じだけどね。かっこ笑い。

ヘビの気持ち、あるいはヘビ母さんの気持ち。「このとき、ヘビはこんな気持ちなんじゃないかな」と想像しても、その想像はヒューマンの福谷がした想像なので、やっぱりヘビはその想像を見つめているだけなのかもしれない。「見つめて」なんて余計な言葉の強調もやっぱり気持ち悪い。見ているだけ、だったりするのにね。僕は軸をそこに置くことにしました。決めつけて演じたり、揺るぎなく成りきったりしないようにしました。

 

そうしたら、「何者にも成りきれない何か」になりました。それってどうなの、とも思うが、サリngさんが良しとしていたので、良しとしようじゃないか。しかも、結果的に僕のいつもの演技のやり口だったりする。でもでも、どうしてか辿り着いたところは違ってたね。ダブルキャストの一方、竹内さんの芝居を結局ゲネプロでしか見られなかったが、どっちかっていうと竹内さんの芝居の方が、「僕がやりそう」な気がしたりもした。

 

なーんてね。

 

#####

 

と、ここまで書いて、続きを書く時間がなく放置。まだまだ書きたいことがあるが、まずは明日のシンポジウムのお知らせでも。

 

#####

 

と、書いたものの、台本の執筆に取りかかってしまい、ブログ中断。現在、シンポジウムはすでに終了してしまった。最近、ブログを書ききれない。時間がないのだ。なんだかんだ言って、記事は数時間程度見直したい。

 

今でさえ、シンポジウムの感想ではなく、あれを経て浮かんだ考えをまとめるために文章を書きたい。そもそも、そういう使い方をするためのブログだし。今考えてるのはこんなこと。あ、今も時間がないので、文が荒いけどソーリー。

 

・ブームっていうのは馬鹿が集まること

・ブームを起こすために、馬鹿を集めて豊かになるか?

 

例えばJリーグって超人気だった時、馬鹿が集まってたと思うんですよね。ミーハーと言い換えてもいいですけど。それこそ「流行ってるから」で集まってたり。その入り口はめざさなきゃかもとも思うが、少なくとも、関西小劇場ブームが実在して、それが単に「馬鹿も芝居を見てた」「でも馬鹿だから流行が終わって離れた」だけなら、どうでもいいし、そのブームをめざすことに意味があるのかなとか思ったり。

多分土橋さんが冗談交じりに言った「衰弱ではなく、成熟ともいえる」ってこういう意味じゃない?とも思ったり。サラッと言ったので聞き逃しそうになったが、ものすごく端的に演劇の在り方への想いとか意見とか分析を表している。

もし仮に、「演劇を見に行くのがおしゃれ」だったんなら、おしゃれなんてただの流行なので、本当にどうでもいい。牧場に行くのがおしゃれな時代もたまには来るだろう。ボウリングなんて、今やダサいし。おしゃれなんて、単なる時代の運ゲー。当時のボウリングと今のボウリングにゲーム性の違いなんてないよな?

 

あー、ほんと文が荒い。あと少しで出発しなきゃだから。

 

テレビって、馬鹿でもわかるように作ってるし、馬鹿に好かれるように作ってるじゃないですか。って、よく聞くじゃないですか?これは偏見とかではなく、実際の作り手の声として、「高卒主婦を想定しろ」みたいなこと、たまに漏れ聞こえるし。ソースはないけど、探せば見つかるんじゃない?で、それって、どうなの?っていう流れもあるじゃないですか。

 

だから、より専門性とか、まあマニアックな番組作りをすると、逆にウケたり。

とはいえ、高視聴率をとるドラマは、ほんとにわかりやすくて、ほんっとにほんっとに間口広げまくりの馬鹿が見放題の作品じゃないですか。ユーチューブなんかも今すごいですよ。ほんっとに、馬鹿でもわかる、馬鹿が楽しめる、頭を使わない動画ばっかりで。

ま、でもこれは、作品自体を否定してるわけじゃなくて。僕自身馬鹿だし。

 

作品作りの姿勢として、「高視聴率をとるために」「ブームを起こすために」間口広げまくり馬鹿入りまくりブーム起こりまくりをめざすのって、ちょっと危険じゃない?って思うようなところがあるだけで。

 

あー、ごめん、ほんと荒い。馬鹿って乱暴に使い過ぎてる。

今、僕の言ってる「馬鹿」っていうのは、「らくちんしたがり」っていうニュアンス。この「らくちんしたがり」の定義も設定しなきゃだが、くそう、そんなに精査する時間がない。

 

普段ならこのブログは闇に消えるが、最近書けてなさすぎたし、

 

 

もうあかん!いったれ!

 

とりゃあ!

 

(了)