プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

はじめしゃちょー、木下ゆうか、youtuberの生き様

お世話になっております。大阪で劇団をやってます。

 

はじめしゃちょー、浮気疑惑(というより暴露)の件について。

昨年は、芸能人の浮気がワイドショーを賑わせました。と、youtuberも御多分に漏れず、youtube内でワイドショーの役割を担っている人たちとその視聴者が賑わっています。はじめしゃちょーといえば、日本一のyoutuber。そりゃ、話題性抜群です。しかもお相手がこれまた「木下ゆうか」というyoutube内では名の知れた大食いパフォーマー

 

お二人が交際関係にあったというだけでもニュースなのに、よりによって「みずにゃん」という“まともな神経をしていたらある程度距離を取っておく系配信者(褒めてます)”に木下ゆうかが電凸をし、洗いざらい話してしまうという大事態に。この「みずにゃん」という男、他人の揚げ足取りを面白がる炎上系配信者なのだが、ラサール高校出身。頭が良くて性格が悪いやつという、一番気を付けなきゃいけないタイプの男だ。

 

そもそも、みずにゃんははじめしゃちょーの「れいな」と「あおい」という女性との二股疑惑について取材配信をしていたのだ。それを見た木下ゆうかが電凸をしてしまうという、なんとも恐ろしい泥仕合。はじめしゃちょーとしてはコリャタマラン状態である。

想像すると、ちょっと笑える。さすがに焦る展開だ。

 

木下ゆうかは泣き声であった。表に立つ仕事をしている中、諸々の手続きを取らずにこういった行動をとってしまうあたりは軽率も軽率だが、そこはyoutuber。こういったことが可能だからこそ、身軽で新しい職業なのだ。本来、しがらみから解き放たれ、伸び伸びとできる場所がここだったはず。大手事務所やタレントイメージに縛られないことが、youtubeの良さだったはず。彼女もはじめしゃちょーもUUUMという最大手の事務所所属だが、基本的には「んなこたカンケーねー!」をしてもかまわないと思う。

もちろん、企業の広告塔なんてことしていると、そういうわけにもいかないが。もともとは、「そういうコトに縛られないところが、良さ」だったんだから、立ち返ればいいだけだ。軽率は軽率だとしたうえで、木下ゆうかを擁護はしたい。むしろ、こうした発言が可能なこの健全空間を守っていきたい。実際、ジャパンのyoutubeはどんどん不健全な方向へ進んでしまっているのだ。「そういうこと、ネットで軽率に言うなよ!」という意見は、圧力をかける流れに拍車をかける恐れがある。

ここは「いいよ、その軽率!ナイス軽率!」と歓迎しておきたい。

「30歳を超えた女性が恋愛沙汰をネットで~」というような意見もあったが、それはもううるせぇよでいいだろう。誰なんだお前は。幼さジャッジマンか。

 

ところが、はじめしゃちょーはきっとそうはいかない。なんていったって日本一のyoutuber。色んな広告を背負っている。そういう活動の仕方を選んでしまったのだから、仕方がない。きっと謝るんだろうな。

でも、さっき言ったように、いつでも「んなこたカンケーねー!」をしてもかまわないと思う。むしろ、そうしてほしい。浮気をした分際で、謝罪したり、説明したり、そんなのはもうたくさんだ。浮気をする分際なのだから、「らしく」生きればいいのだ。

それができる場所なんだから。

 

##

 

と、ここまで書いていたが、先日はじめしゃちょーが謝罪動画をアップした。

人気者である彼を擁護する声は、すでに多数上がっている。そりゃそうだろう。人気者なんだから。しかし、欺瞞の道を選んだか。好きなことで生きていけばいいのに、そうもいかないYoutubeジャパンは気持ち悪いねェ。木下ゆうかも、気持ちよく生きればいいのに。

 

「恋愛なんて当人同士の問題。他人が口をはさむことではない」という正論も見かけた。

 

この正論、僕は少し思うところがある。

基本的に、すべての問題は他人が口をはさむことではない。色んな犯罪だって、結局は当人同士の問題だ。当人じゃ解決できないから、代理として国が罰しているだけに過ぎない。この世に巻き起こるすべては「当人同士」の問題で、他人が口をはさむことではない。だけどそうはなっていない。他人が口をはさみまくりだ。

それは少し角度をかえて考えると、こんなことだって言えるからだと思う。

「はじめしゃちょーの浮気を知って、不快な気持ちになった私」と「はじめしゃちょー」だって、十分当人同士でしょ、という理屈だ。「誠実を売りにしていたあなたを信用していた私」と「実は誠実ではなかったあなた」は、当人同士だ。むしろ、そこに口をはさんで「あなたは関係ないでしょ!」という輩こそ、関係がないとさえ言える。「これは、私とはじめしゃちょーの問題です!口をはさまないでください!」ってね。

もちろん、極論だけど。あぶねぇオタクの理論だけども。筋は通っている。

 

こういう話のとき、「あなたに何か迷惑かけましたか?」的な正論もまかり通っていて、不愉快なんだよね。それこそ、「僕が、ベッキーと川谷のことを騒ぎ立てて、あなたに迷惑をかけましたか?」と言いたい。「不快です」とでも言われりゃこっちのもん、「僕も不快だから、こうしています」ってね。

いや、まあ個人的には恋愛沙汰には興味がない方だけど…。

 

なんかこう、「他人の恋愛事情に~」論者が、やけに正義面かましてて、いらつくだけなんだけど。逆に「不貞行為だ!ゲスだ!」と正義面かましてるやつも嫌いなんだけど、こっちはわりと少なくて。実は、善も悪も綯い交ぜに騒いでる人がほとんどだから。綯い交ぜ遊びをしているところに、正義面がくると白けるんだよね。

浮気を叩く正義もあれば、無関係なやつは黙ってろという正義もあるんだよ。だから、そんなことどうでもよくて。どーせ、酒の肴にする程度のことなんだから。

うーん、話がそれたね。正義面がむかつくという話でした。

 

## 

 

PDSくんのスキャンダルも懐かしいし、マホトくんももろもろも懐かしいけど、今回のこのスキャンダルは、転換点になってしまうんじゃないかなァ。

ジャパンナンバーワンのはじめしゃちょーは、アイドルの道を選んだ。未来があるかどうかは知らないけど。タレントの道と言ってもいいかな。テレビタレントの道。

PDSくんもマホトくんも同じ。

 

奇しくも、最近ヒカキンくんはこんな動画をアップしていた。

www.youtube.com

 

ヒカキンくん、まさに面白いところで立ち止まってくれている。

 

例えば、PDRさんやシバターさんは、タレントじゃない。タレントの道を拒絶したものだ。彼らは、完全にYoutuberとしての生き方を驀進している。こっちも、未来があるかどうかは知らないけど、前例がないだけワクワクする。はじめしゃちょーのコースはテレビのタレントコースなので、大体知ってる人になるコースでしょ。それはもう知ってる。あの有名な、キラキラした人になるだけでしょ。上地雄輔さん的な。

 

もし、はじめしゃちょーが、youtuber、動画クリエイター、配信者、なんでもいいけど「タレント、アイドル」を拒絶していれば、謝る必要などなかったはずだ。いや、まあ、謝るだろうけど、もっと気楽に話せたはずだ。

 

「あのー、ほんとすみません。ちょっと、調子に乗った部分が、あったかもしれません。っていうか、調子に乗ってました。ちゃんと、その、関係してる人には謝って、いやもう謝って済むことじゃないかもしんないんですけど、あの、ごめんなさいとお伝えして。」

 

で、良いはずだ。

なぜそうしなかったか。なぜ台本の台詞をなぞったか。なぜ会見の真似事のような動画を作ったか。テレビでもないのに、テレビみたいに。一台のカメラで、ひとりきりなのに。大仰に、それっぽく。これは、彼が「そういう道」を選んだということなんですよね。

 

…こういうのほんと俺に台本書かせてくんねーかな…。定型文じゃなく、話し言葉の謝罪のほうが絶対に効果的ですよ。演技指導もするし。それこそ三宅洋平みてーなキャッチーで砕けた演説とか、俺のお家芸っすよ。くだけ謝罪文ジョブ、待ってます。

 

んで。

これは好みの話。僕は、そんなyoutubeは退屈なので、ぜひやめていただきたい。はじめしゃちょーが牛耳る方向性のyoutubeは、ちょっと退屈だ。

 

さあ、どうなる、youtuber?

 

群れるなよ…楽しんでるんだからな…!

 

(了)

 

p.s.ちなみに、僕はクソみたいな人生を送っています。