プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

「ゆなちゃんねる」開設によるシバター、ヒカルの意見を受けて

お世話になっております。大阪で劇団やってます。

 

「ゆなちゃんねる」というyoutubeアカウントが開設された。怪盗ピンキーというyoutuberの妹、ゆなちゃんのチャンネルで、本人の年齢は12歳。「VAZ」という主に若年層(なんとほとんどが学生!)のネット動画配信者をかかえる芸能事務所のようなところが、舵をとって運営しているようだ。

 

これについて「12歳の女の子を金儲けに使うとは何事か」的な意見を、シバターなどのモノ申す系youtuberが動画にしていて、わりとそれに賛同するコメントが多く集まっている。僕の考えとは少しズレていたので、ここに備忘録として残しておく。

もっと言うとシバターという人は非常に頭が良いので、常に両サイドの意見を持っていて、どちらを表明するかを実に丁寧に選んでいるので、「シバターの意見は間違っている!」なんてつもりは毛頭ない。

 

ゆなちゃんは、かなりルックスに恵まれた女の子だ。基本的に見た目が可愛いということで人気に火がつき、今回、「怪盗ピンキーの妹」という役割から独立したというような形になる。

動画の冒頭では「よっ、全国のロリコンども」という挨拶がある。企画・構成・編集をVAZが仕切っているそうなので、おそらく台本もVAZの書いているものだろう。ここはシバターの言う通り、「ちょっとその台詞を小学生に言わせるのはいかがでしょう?」とは思う。

もちろんゆなちゃんの同意の上で、本人がノリノリであることは今までの動画からも十分に伝わるが、まァ基本は悪趣味な挨拶だ。老婆が言ってりゃ笑えるが、事実小学生である彼女が言ってしまうのは、笑いとして少し乱暴だろう。

倫理的なことが先に気になって笑わせ損ってるという、これは単に「台本がへたくそでしょう。誰だ作家は表出ろ」という話だと思う。たぶんそのうち、テキトーなカワイイ挨拶に変更されるだろう。(挨拶募集とか、ありがちなことするんじゃねーかな。)

 

んでんで、「子どもなんて大人がやらせれば何でもするし、やりたいと思ってしまうんだから、そこを利用して金儲けするのはどうなんですか!?」という意見。僕も最初は納得できたのだが、この理屈、メンドーなんだよね。

これでいくと、子役・アイドル・スポーツ選手を捕まえて「そもそもあなたたちも…」を話さないと、片付かないんだよ。で、これを片付けるのってすげーメンドーなの。

だって、アイドルなんて、小学生でデビューするのはフツーに当たり前だぜ。で、これを論破するには「そんな世の中間違ってる。小学生アイドルを可愛がるキチガイがいるからダメなんだ」的な意見か、「小学生に全ての芸能活動をさせるのは、そもそも本人に判断能力がないから、結局は親や事務所の判断になるので全てナシにしましょう」的な意見になってしまう。どっちもかなり無理がある。

 

だから結局、「本人がやりたくてやってる」という大義名分に頼らざるを得ない。ここを、「いや、本人はまだ判断できない。やりたいと言っても、その”やりたさ”も客観視できていない。結局は親の作った環境による洗脳でしかないでしょ」とすると、もう全ての表舞台に立つ仕事(以外も、かな。)がNGになってしまうわけだ。それはちょっとやり過ぎだと思う。子役もアイドルもスポーツ選手もyoutuberも、基本的には「親がやらせたい」「子どもがやりたい」のバランスを上手いこととって、しっかり回していくのが一番いいでしょってことだと思う。というかそこしか落とし所ないでしょ。

 

例えば、ヒカキンチルドレンという子どもたちがいる。小学生が自分でスマートフォンで撮影した動画をアップロードしてしまう時代だ。大半がかなり痛々しい動画で、それらは「ヒカキッズたちwww」とネットの晒し者になってしまっている。

それに比べれば、きちんとした大人がついてくれている「ゆなちゃんねる」は、よっぽど安心安全だろう。「きちんとした大人かどうか分からないでしょ!ただの金儲け主義の人たちかもしれないでしょ!」と言われても、そんなもん分からない。分からないので、話す意味がない。

「大手芸能プロダクションでもないのに!不適切だ!傲慢だ!金儲けだ!」そんな話はする意味がない。別に大手だろうが弱小だろうが金儲け主義だし、闇は深い。ジャニーズを論破するのは、相当骨が折れるでしょう?だからこれはもう、アリでいくしかないわけさ。

 

それに、ヒカルを代表する金儲け主義の人って頭が良くて利益最優先なので、基本的に損になることはしないから、「この小学生女子の魅力を全世界に伝えたい!」とガチで思いこんでしまっているちょっとアブネー思想の人たちより、まァ安全ですよ。

 

「子どもを使って金儲けするな!」となると、やっぱりプロゴルファーを育てようがなくなってしまうし、まえだまえだも芦田愛菜もアウトだ。いや、アウトならアウト論で良いんだけど、「そのロジックすげーめんどくせーよ?」っていう話ね。突き詰めると子どもは学業以外全面禁止って話になるから。アイドルだけ禁止、youtuberだけ禁止ってのは、話がおかしいでしょう? ま、せいぜい「性的な表現禁止」だろうけど、そりゃあそんなもん、そうだし。でも、児童ポルノ禁止だって、基本的には「普遍的!絶対の法律!」じゃなく、まだまだ歴史が浅いし、寺山修二もアウツって話だし。

 

##

 

と、ここまで書いて保存していたのだけれど、先日ヒカルさんが投稿した動画とほぼ論旨がかぶってしまったので、アイデンティティを失ったカオナシになりました。別の方向にハンドルを切ってみよう。ゆなちゃんねる反対派に急きょシフトチェンジしてみようと思う。

 

##

 

「やりたいことはやらせてあげたらいい」とヒカルは言う。もちろん、そうだと思う。ただ、ここで少し怪しくなってくるのは、「企画・構成・編集をVAZがやっている」という点なんだよね。ヒカル理論でいくと、ゆなちゃんが「企画・構成・編集」をやらないといけない。だって、「動画配信者になりたい!」って、そういうことだから。それができないなら、勉強しないといけない。だって、そういうものだから。

 

つまり今、ゆなちゃんは単なるタレントなんだよね。それを、認めないといけない。タレントになりたいゆなちゃんを、タレントにしてあげてるんだよ。なぜかというと、お金になるからなんだよね。ま、それはじゃあ良しとしてみてるね。子どもの活躍を応援することが結果的にお金に繋がることは多々あるから。

 

ただ、ひとつ、新しいことがあるんです。

実は、今までにね、このゆなちゃんみたいな子供、いないんだよね。

 

「単なるタレント」なんて子ども、今までにいないんです。子役・アイドル・スポーツ選手・芸人・画家・モデル・歌手…なんでもいいけど。それありきで、バラエティ番組に出たり、CMに起用されることはあるでしょう。

でもね、「単なるタレント」なんて売り出され方は、フツーじゃないんです。

 

現状、ゆなちゃんには、なにもないんです。ルックスに恵まれているだけなんです。それを、そのまま、売り出しちゃってるんです。動画編集を自分でするわけでもない、台本を書くわけでもない、そんな女の子を。(あとこれは主観が大きいですが、怪盗ピンキーの動画を見る限り、演技もほんと、フツーなんですよね。ドヘタじゃないけど、上手くは無い。)

 

……これって、ちょっと「ヘン」じゃないですか?

 

だから、僕の今日の結論ね。

企画・構成・編集を、VAZが担当するのはやめたほうがいいです。それは全部、ゆなちゃんにやらせましょう。あるいは、ちゃんと教えてあげてください。やらせてあげてください。そして作られた動画を、きちんと事務所として管理しましょうよ。っていう。

 

ゆなちゃんって、怪盗ピンキーの動画で「うんこ・ちんこ・まんこゲーム」という遊びをやってるんですね。(このとき、顔を隠しています)

大層楽しそうにやっていて、微笑ましく面白い動画ではあるんですけど、「まんこ」っていう言葉はおよそ一般的に日常で使う言葉ではないですよね。この動画の面白さって、「そんな言葉を何の衒いも無く小学生女子が口にしている」っていうところにもあったりするんですよ。別にいいんです。本人が楽しそうにしていて、まんこという言葉の意味も自覚していて、そして視聴者を楽しませられていて、別にいいんです。でもね。

 

質が低いんですよ。

そこにあるゆなちゃんの価値って、単なる「タレント」でしかないんですよ。可愛らしい女の子が「うんこ・ちんこ・まんこゲーム」でキャッキャウフフとしていて、微笑ましくって200万再生…。少なく見積もって10万円以上の収入になるんです。

 

これは、僕、あまり良くないことだと思います。

教育上も、仕事としても、あまり良くないんじゃないかな。

 

youtuber、動画配信者っていう仕事が、歴史が浅すぎてどう判断していいか良くわからないっていうことも非常に大きいんですけどね。

 

はい、で、とどめ。

VAZに所属するほとんどの動画配信者が「そう」で、VAZは、「タレント性しかないタレント」を大量に生み出している恐ろしい組織です、で終わりにしましょうか。

 

もちろん、それはそれでスゴイんですよ!

でも「その先には一体なにがあるのか」と思わざるを得ない、おじさんでした。

 

p.s.はじめしゃちょーやらが動画編集の勉強したりするのってすごく素敵だと思う。他にも編集技術を学ぶことを表明したyoutuberって何人かいて、…ただ、結局視聴者に編集技術って求められてないから、ほとんど実現していかないっていうね…。瀬戸さんなんて異常に編集技術を向上させていってるけど、視聴者の大半が「別にそれはどっちでも…」という反応であることに、ジレンマを抱えているだろうなと思います。難しい商売だねェ。