読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

優しい先輩二人にかこつけ、アクアクについて超ノビノビ書く。たぶん怒られないという安心は、こんなにも筆を走らせるのか。

お世話になっております。

 

GPP『Actor,Actress,and more』を観てきました。

劇団員の東千紗都が客演している舞台。今年から、観た舞台の感想をツイートするのはやめようと思っていたが、お世話になっている人も多い公演だったので、結局ツイートしてしまった。宣伝、というほど強い意識でもないけれど。「ぜひ観に行って欲しい!」とは書かないし、僕のポケモン「これを観ないやつは演劇界のモグリ!」も出さないけれど。

また別の僕のよくあるお得意のパターン、「劇世界に入り込み、劇中の人物や行動に感情移入しまくった上で、劇中の人物や行動を非難する、というテイで、劇そのものを非難する」という形でツイートした。

たしか、Cheeky☆Queens『アタシたちには明日しかない』も、そのパターンで感想をツイートした記憶がある。「あの女なんなん!戦いに参加する気あるのか、ボケ!」と書きながら、「戦いに参加する意志がないように見える作劇・演出」を非難するという、極めて猪口才で小癪で憎たらしい戦術が、僕のお得意のパターンなのである。劇にノリノリになっている前提なので、「と、言いつつ楽しんだ」に逃げられるのでオススメだ。劇にノリノリ、劇ノリ、GN作戦と命名しよう。

アクアクの感想ツイートはこれだ。

 

 

なんだかとってつけたような「面白かったです!」が気持ち悪いが、まあ面白くないことは無かったし、お世話になった人もいるし、そして事実、とってつけているし。リアルな感想は概ね、アマサヒカエメのタカイさんと同じものだ。

 

タカイ アキフミ (@takaioftakai) | Twitter

 

引用はややこしいから避けます。

いくつか連投していて、僕もたまに使うポケモン「なんだかんだで自分の話なんですよ」パターンを使っている。劇の感想と企画の感想と自戒が混然一体となっているようだし。まあだいたい「クソ企画って言いたいんだよね?」と解釈して、概ね僕もそう思う、と思ったのだけど。そうじゃなかったとしたら、そういう論旨のアクセルとして引き合いに出そうとしているが、まずいかな。……ま、いっか。

 

わかりやすくするために作品の感想を先に書いておく。

『トニーの谷』、とても面白かった。逸平さんの仕事は逸品だ。卯津羅亜希さん(劇団空組)もナイスだった。馬鹿馬鹿しくて最高だった。未来の眼鏡=普通の眼鏡だねっていう作りも、渋い。閉店ガラガラまでイっちゃうんだから、これはもう振りきれているだろう。これに関する感想かどうかわからないので引用は避けるが、「芸人のネタを舞台上でやるのはパクリだ」というツイートを見かけた。パクリだとは思わないが、作品の普遍性やある種のカギカッコつき「文化的価値」は著しく下げる行為だとは思う。『トニーの谷』は、それを爆下げすることによって、爆オチとしたわけだ。これは考えて作られているね。ちなみに僕はなんの覚悟も無く「そんなの関係ねえ」をよく劇中に入れてしまうが、鼻くそほじりながら棚に上げる。

 

『ホーンテッド・ガール』、これは微妙だった。全員ふざけているので、なかなかね。ふざけきったあとに、Oh Happy Dayを歌うという最大のふざけが待っているのだが、お父さんなんて最初からふざけているので、歌い出したところで大した驚きも無い。だいぶ記憶も薄れてしまっているが、はじめて二朗さんの作品に触れた『オクラホマ・スタンピード』は、「ちゃんとしなければならない」という前提がわりとちゃんとあって、それを「ふざけ」で崩していけていたような気がする。例えば『トニーの谷』の一瀬さんは、マジだ。それに対する逸平さんも、マジだ。マジだから、笑える。『ホーンテッド・ガール』は、基本的にマジの人がいないので、ようわからんのだ。もちろん、「ふざけ芸」はある程度、面白くはあるのだが。三池監督がやっちゃってるときの感じだと思う。この場合の三池監督が、二朗さんなのか泉さんなのかはよく分からないけれど。どうだろう。

 

『ナイト・オン・ザ・プラネット』、あまり面白くなかった。ストーリーが。だからこう、裏笑いちっくに「三好さんの役、真剣に色々悩んでる感じ出してるけど、お前ホントはすげーバカ!」という角度の面白がり方で見てしまった。その見方で正解だと言われたら、さすがに二朗・泉コンビの性格が終わり過ぎてて引く。

で、これは感想ツイートを読んで本当に驚きだったんだが、「3つのストーリーがこんなふうに繋がるなんて、びっくりした!」という感想、目を疑った。繋がるだろう、そりゃあ、こんなふうに。「どんなふうに繋がるだろう?」と思って、一番最初に思いつく「こんなふうに」だろう。何を考えて上演前のアナウンスに耳を傾けていたんだ。まさか、何も考えていないのか? 何をしに来た!(※言い過ぎなので後述でフォローします。)

劇団員なので東のことも書くが、ありゃ普通セブ島に行くだろう!なんでセブ島に行かないんだ!そう、上演を中止させるためだろう!なんだお前!セブ島にも行かねえし、上演も中止させねえし、なんだお前!劇激弾団のこと真剣に考えているのか!結局上演されたのは、一週間前から稽古した、その場の思いつきの作品なんだぞ!三好さんはもう真面目な顔してるだけのバカで、駿九郎さんはただのバカだから、お前がしっかりしなきゃいけないだろう!この公演が劇激弾団のためになったか!?断言しよう、なっていない!!

(GN作戦の実行例です。このように書くと、めっちゃちゃんと劇を観てるふうだし、「それ込み」で面白かったと逃げることも容易です。ただ、二朗・泉コンビが「そもそも、それ込みの作品やで?」と言い出すのは、性格が終わっているので引きます。)

 

以上が作品の感想。

で、企画の感想。「何を考えて上演前のアナウンスに耳を傾けていたんだ。まさか、何も考えていないのか? 何をしに来た!」的観客をめがけた企画作りに、なっているんじゃないですか、という。……非常に、なんだろう、客席批判ちっくでまずい気もする。「何を考えて~何をしに来た!」の一文は、もちろん過剰だ。過激すぎるかもしれない。

どうか、クソがほたえとるだけやなとお許しいただきたい。僕だって、いろいろ見逃して「え?なんでそれが分からないの?」と言われてしまうことが多々ある。せっかくタカイさんを引き合いに出したので『アストライアー』のことを書くと、アフタートークでトンチンカンなことを言って、「え…?この人、劇観てなかったんかな…?」という地獄ワールドを生み出したこともあるのだ。ツイートの感想じゃないんだから、僕の方がダメである。

(あまり覚えていないが、シックスセンスを観た後「いつの間に死んだん?」と言い放ってしまうレベルのトンチンカンっぷりだったという感覚だけ覚えている。)

 

タカイさんは「脚本、演出が戦っていない」と書いてあるが、それは企画に原因があると思う。この企画は「役者の見本市」、タカイさんはそうなっていないと書いている。僕もそう思う。それは脚本、演出が戦っていないからじゃなくて、企画が戦っていないからだと思う。むしろ、脚本演出は企画と戦っていたんじゃないかな。

例えば、先日子供鉅人さんが100人以上のキャストを使ってマクベスを上演した。観ていないが、引き合いに出してみよう。企画の命題がたぶん真逆で、面白いから。

 

GPPは、「役者のための公演」だ。「関西にはこんな役者がいるよ!」「この役者にはこんなことができるよ!」を観客に伝えることが、命題だ。この達成をめざすし、このために脚本と演出がある。……ですよね? 知らないが、そう解釈してみる。

 

仮定ばかりで申し訳ないが、子供鉅人さんのマクベスは、おそらく「こんな役者がいるよ!」「この役者にはこんなことができるよ!」を、まずはシカトしていると思う。役者は作品に従事する存在で、「そこ、あのー、目立とうとしないでください」的な演出もあったかもしれない。知らない。

 

僕は今、何も無い所に立っています。

で、何も無いところから何も無い所にジャンプします。

 

たぶん、「そんな子供鉅人の作品の方が、”お、何かあの人、気になるな”とか”この作品に参加した人全員スゴイ!”とか、そんな結果がもたらされたんじゃねーの」と思うのだ。

ダメだ、思ってばかりで話にならない。ちょっともうこれ、空論オブ空論なので、いいです。子供鉅人さんと比べるくだりはぜんぶ夢だったことにしてください。成り立たなかったです。

 

えーと、んとね。

「役者を輝かせるための公演である!」って、「役者」のためにならないんじゃないの、と思ったりとかさ。あと、「魅力的な役者の存在を知らしめるための公演」だとして、やっぱこう、「コメディだけでェ…?」とか思っちゃったりとかさ。いや、別にコメディが悪くは無いんだけど、これならヨーロッパ企画さんの舞台を一本みれば、実にひとつの作品内で「あら、こんな演技も?おや、そんな演技も?」が観られるわけでさ。

でもこの公演は、閉店ガラガラ&オーハッピーっていう、「ふざけベース」が演技の拠り所だから、ひとつの人格(キャラクター)の多面性ってより、「七色のおもしろパンチ(しかも一人一色)」が繰り出されるだけになってしまっているんだよね。それはそれで面白いんだけどさ。

 

一番「おかしいなー?」と思うのは、関西小劇場を一年くらい観ていれば、多分半数以上の役者の名前を、観客が知っていると思うんだよね。わりとこう、集客ベースで考えられたキャスティングだと思うんだよ。それって、「こんな役者がいる!」を知らしめたい、というコンセプトと、真逆のやり方じゃないかな。あるいは、『メイド・イン・ジャパン』は地方の俳優を呼んで大阪で公演をしたわけだけど、大阪の俳優を知らしめたいなら、これはもう違う土地での上演は必須だよね。だから、どうしても鼻白んでしまうわけですよ、「役者の見本市」っていうコンセプトを。

「本気で言ってるのかい?」って。

 

……いや、「役者の見本市」の一言に必要以上に噛みついてるだけの気もしてきた。

 

えーと、やっぱりタカイさんのツイートを引用して、原点に立ち返ってみよう。

 

 

 

 

 

……なるほどね、そうか。

表面だけ変えていつも同じような本と、多方面に気を使った演出、質素な美術に、いつも見掛ける役者の演技は、もうそんなに求められてない。 事件を起こさないと、演劇は。

ここ、同意する。観客として、同意する。これはでも、趣味の問題なんだよねー。そーそー。僕も演劇を観に行くときは、予想できないものを観に行くし。でも、予想できるってこともすごく大事だなって、思うし。それこそ吉本新喜劇観に行ってダムタイプ上演されたら、さすがにお金返して欲しいし。……だから、ダムタイプを観に行くんだよな。吉本じゃなくってさ。

タカイさんの感想は、吉本新喜劇を観に行って、吉本新喜劇だったから、怒ってるってふうに取れなくもない。(ここでいう吉本新喜劇はもはや「プロレス」レベルの慣用句です。)

 

吉本新喜劇を観る客層に、吉本新喜劇を観せて、「やっぱり吉本新喜劇って面白い!」っていうようなこと、もう辞めません? みたいなことかな。

うん、だから俺は、企画がダメだと思うっていうことか。

 

やっぱりこれは、企画の問題でしょう。脚本、演出がどれだけ企画に寄り添ったものかは知らないが。あと、よっしゃ、ついでに書いたれ。

 

カーテンコールね。僕が観た回、ダブルコールでした。そのダブルコールの判断が相当早かったので、泉さんに「ダブルコールは観客に求められてからやってください」と言いました。しかも、役者紹介がダブルコール後ってのが、舐めている。これはとにもかくにも、役者を紹介したい公演だろうが!最初にやれよ!バカかよ!もしダブルコールが無かったらどうするのだ。これはもう普通にプンプンである。ダブルコールがなくてもダブルコールにする予定ってことだ。なんという厚顔。許すまじ。

 

あと、佐々木ヤス子さん。役者の見本市、知ってる役者だともどかしいね!「笑わせたいお化け」とツイッターで自称していた彼女だが、ボケるチャンスが少ない少ない!根底で常にふざけてはいるのだが、パンチを打つチャンスがあまり無く、「もっとボケさせてあげてェ~…!」と思ってしまった。あまり類を見ない感情だった。僕はギアをまだ観ていないという希少生物だが、もしギアで彼女を見たときも同じ感情になるのだろうか。だとしたら、恐ろし過ぎる。

 

オラァ!以上!

二朗さんと泉さんは学生時代からお世話になっているので、甘えてむちゃくちゃ書いたった。スゲェ気楽だな。ちょっと脚本ディスが激しい気もするけど、今はほら、あの人、清水富美加のことしか考えてないから。大丈夫、大丈夫。

(※次の公演のチラシデザインをしていただいてます。)

(※あ、劇中ダンスバーンから引用された台詞があったんですけど、こういうのはやっぱりなんだかほっこりしますね。「GPP『Actor,Actress,and more』とは何か」できっと触れられることでしょう。カヨコの大更新を要チェックだ!)

(今見たらすでに大更新されていたぜ!ワオ!)

 

終わり!

 

(了)