読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

Google、ポイントサイト、かずきむぎちゃ、少年A、モノローグ

お世話になっております。

 

最近、インターネット上の情報の削除は求められるか云々の件で、裁判所が基準を出した。「はぇー、そういう考え方するのかー」とびっくりしてしまった。ざっくり言うと、「グーグルの出した検索結果は、グーグルの作ったアルゴリズムによってもたらされた〈表現〉なのである」みたいな。そんで「プライバシーの侵害」と「表現の自由」を相互に考慮して、案件ごとにバランス読んで判断していきますねー、みたいな基準。なんかこう、検索結果が〈表現〉とされたことに「はぇー」と思った。

 

そんで、次にドキッとしたのがさ。グーグルが、検索結果のクオリティ向上のために、いわゆる「まとめサイト」が下位にくるようにエンジンを改良したのね。ユーザビリティ的には、求める情報に辿り着きやすくなって便利になったと思うんだけど。

 

これってつまりさ、現時点でグーグルがね、「検索結果の品質向上のため、[人名]が検索された場合、wikipediaなどの不確かな情報でなく、公的機関により開示されている情報(逮捕歴など含む)を優先して表示するようにアルゴリズム組み直しました」って言ったら、とりあえず「そういう〈表現〉だから、やめてくれとは言えないねえ」となるわけです。

 

あとはもう、グーグルさまが平等であることを願うばかりだよね。

 

##

 

三年前くらいからかな。パズドラの魔法石200個プレゼント!とか、パワプロパワーストーン1000個プレゼント!という謳い文句から、ポイントサイトに誘導する軽い詐欺行為が流行ってさ。「まとめサイト風広告」から多くの人(主に低年齢層)が騙されたわけだけど。最近では「まとめサイト風広告」もずいぶん減ったし、落ち着いたように思ってた。

 

すると最近「牛角食べ放題20000円分プレゼント!」でポイントサイトへ誘導するツイッター広告が出てきたそうだ。ほんと、感心する。手法はそのままで、ターゲットだけうまいことスライドさせやがったわけだ。

「パズドラの魔法石に惹かれる層」と「牛角食べ放題に惹かれる層」は、多分ほとんど重なり合ってなくて。だから、知らないんだよ。牛角に惹かれた人は、パズドラの魔法石やらパワーストーンやらで釣って、キッズがポイントサイトへ誘導された最近の流れを。

 

こうなってくると、プロ野球観戦チケットに釣られる層はまだ残ってるし、ルブタンスニーカープレゼントに釣られる層も全然残ってるわけでさ。多分、この軽い詐欺的なポイントサイト誘導広告、「何で釣るか」を変えるだけで、まだまだ相当使えるよね。ほんと、うまいこと重ならないんだな、喜ぶ層が。魔法石、牛角プロ野球、ルブタン。(僕は魔法石!)

 

これがまた、実際ポイントサイトはポイントサイトだから、ザ・詐欺ってほどでも無いわけで、息が長いですよねー。「まとめサイト風広告」は2ch騒動のごたごたからの自粛で減ったけど、ツイッターのプロモーション広告もどうかと思うけどね、俺は。あれってまるで、「自分の信頼するフォロワーが、リツイートかいいねをしてタイムラインに表示されたツイート」に見えるもんね。というか、明らかに恣意的にそういう見え方をするように作ってんだよなァ…。「広告」なんだから、「広告」然とした見え方をしないとダメだよ。

 

まったく、青汁のコマーシャルじゃないんだから。

 

##

 

Youtuberで、かずきむぎちゃさんという人がいる。POLINKEY MOVIEというチャンネルで、それこそはじめしゃちょーさん台頭前夜や、UJXさん(現seiya)の全盛期を共に過ごしていた人だ。わりと炎上系にくくられてるが、基本的にはアングララッパー系Youtuberって感じかな。ここ一年くらい動画以外の活動に力を入れていたみたいだが、つい先日、この方が目を疑う動画をアップした。

 

懲役行く事になりました

www.youtube.com

 

中身については、よくわからないので無視する。しかし、すごい時代になったと思った。シバターさんを元祖とする「モノ申す系youtuber」の系譜にはいた彼。この日本のYOUTUBEにおいて、いやYOUTUBEだけでなく、「モノ申す」と「モノ申される」が完全に表裏一体になってしまっているこの時代。一億総ツッコミ時代であり、一億総ツッコまれ時代であるという現代社会を、こんな乗りこなし方をするのか、彼は。

 

すげェな。……正直、バカじゃねェの?とは思う。

でも、たぶん、彼はバカじゃなくて、僕よりも優秀。ほぼ間違いなく現時点で僕よりお金を稼いでいるし、きっと未来もそうじゃないかな。少なくとも彼は、誠実な晒し者だ。誠実な晒し者に、どんなモノを申せよう。返されるのは「俺はこうだから」というビッグダディ由来成分配合の最強の一手だ。もちろん、これで彼の人気ががた落ちして、未来永劫誰とも商売できませんとなると最悪だけど、たぶん、そうはならんだろーな。彼、誠実だから。犯罪者だけど。

 

##

 

少年Aの取った一手が、どれだけ時代遅れでどれだけサムい一手だったか、よくわかるよね。彼は不誠実だった。……。

……僕なら、そうだな。テレビに生出演でも何でもして、反省をアピールする。そして、こう語ろう。「こんな僕でも、幸せに生きたい、どうしてもそう願ってしまうんです。誰かに認めてもらいたい、存在を受け入れてもらいたい、そう願ってしまうんです。いけないことだとわかっています。だから、もし、宮根さん、スタジオにいる皆さん、これを見ている視聴者の方々、僕を許しがたいのであれば、僕を殺して下さい。反省しています。反省しても、反省しても、生きたいと願い、幸せを望んでしまいます。こんな僕を、殺したいという人が一人でもいるなら、僕を殺して下さい。……ちなみに遺族の方々とは連絡がとr」

と、突如スタジオに乱入してきた黒いジャンパーの男に刺されて死ぬ。

 

そして息絶えながらこう思う。まるで主人公みたいに、モノローグでこう思う。

「あぁ、やっぱりダメだった。僕は、世界に、受け入れられなかった。でも、仕方ない、か」……なーんてな。なんだよ、世界って。

 

どうだいこの、気持ち悪くて最低な、自己顕示欲にまみれた身勝手な死に様は。だけど、僕なら、そうするかもしれない。自分の「認められたい」という欲望と誠実に向き合って。……あのね、少年A。基本的に世の中は、君にモノローグを許さないんだよ。君のモノローグは、僕たちのものなんだ。だってそうだろ? 君はもう、主人公じゃない。

 

つい最近、そんな芝居を観たよ。

メイド・イン・ジャパン。……そんな芝居じゃなかったかな?

 

##

 

モノローグを奪われた少女と、ダイアローグを奪われた少年。

 

少女  ねぇ、ねぇ、見て!キレイなお花だよ!

少年  そう言って彼女は僕に花を差し出した。

少女  まだ彼女じゃないでしょ!何言ってんの、もう!

少年  ……僕はただ単に、第三者の、という意味で彼女という言葉を使ったのだが、彼女はそれに気づいていないようで、妙に頬を赤く染めている。どうしたものだろうか。

少女  そっ、そんなのわかってるし!バーカ!

少年  彼女はいつも元気で明るい。僕にたくさん話しかけてくれる。だけど、僕は返事ができない。神様に対話を奪われて以来、こうして独白することしかできなくなってしまったからだ。返事をすることができず、頭の中でくゆらせた思いを言葉にしていく。

少女  それでもいいよ。

少年  それでもいい、という言葉の意味が分からず、困惑した。

少女  あたしがそばにいてあげる。

少年  そう言って寄り添ってくれた彼女は、一体、何を考えているのだろうか。独白を奪われた彼女は、僕に話しかけることでしか言葉を発することができない。……ほんの少し、いたずら心が湧いた。僕は立ちあがって、彼女のもとを去った。

少女  ……………………………。……………………………。……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………。

少年  それから悠久の時がたって、僕はここに戻ってきた。

少女  ……寂しかったぞー!!!!!ばかー!!!!!

少年  かわいいな。

少女  え?

少年  と、思った。

 

END

 

##

 

なにこの、可愛い話……。

やってもうた…。STORY FOR TWOに置いといたらよかった……。テンションあがってブログで垂れ流してしもた……。

 

ま、平気でSTORY FOR TWOでも使うけどっ☆

 

(了)