読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

受動的で能動的な散文

お世話になっております。

 

「テレビは受動的なメディアだから良くない」というようなことを、言われて育ったような気がしているんです。今日は、「おいおい、その説、チョー間違ってたじゃねーかよ」と思った話をします。そんな話をしたいなと思いつつ、何から書こうかな。

 

僕は最近、物知らず・世間知らずを実感することが多々あります。本当に、知らないことが多すぎるんです。例えば、スポーツ。僕はスポーツに関することを、なにひとつと言って良いレベルで知りません。よく聞く「大谷選手」がどのチームの選手なのかわからないし、「ロッテとダイエーオリックスバファローズ、現存しているのは?」という問題には威勢よく「越後製菓!」としか答えられません。ベッカムが現役かどうかも知らないし、ハリルホジッチは昨日初めて知りました。

大相撲がどういう仕組みでいつ開催されているのかも全くわからないし、曙以外は三代目J Soul Brothers並に誰が誰だかわかりません。曙とKONISHIKI以外全員メンディです。

(※メンディは三代目J Soul Brothersではない!)

 

ま、要は、スポーツ(EXILE)に興味が無いわけだな。

 

ただ、ここで重要なのは、「いや興味のあるなしじゃなく、さすがに常識でしょ!」って言われちまうことが多々あるって話で、確かにそうだなとも思う訳で。たぶん、テレビや新聞をある程度ながめていれば、絶対に知ってるはずの情報なんですよね。

 

でも、僕、能動的に情報を集めるんです。(インターネットで)

なんか、だって、「その方が良い」みたいな教育受けませんでしたっけ…?

 

そしたらいつの間にか「興味のあることしか知らない!」「興味のないことは、エグいレベルで知らない!」という大人になってしまっていました。なんじゃこれ。能動的に知りたいことを知るようにして生きていった結果、「ラプラスの悪魔」やら「オッカムの剃刀」やら、常識とかけ離れたそんなことばっかり詳しいウィキペディアおじさんが爆誕してもうたやないか。

 

「新聞は読んだ方がいい」とは言われてきましたけど、でも、やっぱりインターネット黎明期に育ったものだから、「新聞も新聞で、偏ったメディアだよね」みたいなねじれた考え方だけ育まれやがって。今でも「新聞を読むなら五大紙ぜんぶ読まないとダメ」っていう、ある種の洗脳が染みついちゃっています。別にそんなことないのにね。

新聞、ニガテなんですよ。興味のないことが書いてるから。インターネットのニュースサイトでも、興味のない記事はクリックしないんですよ。

 

……あれ?

そうすると、あれだな。単に僕の「興味の幅の狭さがヤバイんじゃね?」っていう話にもなってくるな。こうなってくると、受動・能動の話とはまた違ってくる。

 

結局、「いろいろなことに興味を持ちましょーね」って、当たり前の話か。

 

例えば、電子辞書。

「バカヤロー、紙の辞書はな、調べたいことの隣の文字も自然と目に入ってくるだろうが!そんなエレキの、エレキで調べてたら、もう世界がギュンギュンギュン!(?)」みたいな論法は、学生時代よく聞いたものだ。今はどうなってるんだろう。

 

ある種、「興味のあるなしに関わらず、強制的に情報を与える」ってことも、大事なのかもしれない。もちろん、興味を突き詰めてさかなクンさんになるパターンもあるが、レアケースだよね。

 

##

 

こう、レアケースに対してどう対処するかっていうのは、難しい問題だよね。例えばこう、何かを大量生産するときにね、一万個に一個の確率で不良品が出るんですよ。そのとき一万個に一個の不良品を、一兆個に一個にする仕組みを導入するより、「一万個に一個は不良品があるから!それはそういうもので、そのときそのときで対処していこうね!」のほうが、コストが低かったりするんですよね。

 

もちろん、「一兆個に一個になるようにしようよ!なんなら、絶対に不良品が出ない仕組みを作ろうよ!長期的に見れば、最終的にそっちのほうがコストも低いよ!」っていう話もあるんですけど、その長期的・最終的って、「いつ?」って話もあったりしてね。

 

##

 

あのー、国って、50年後くらいのこと考えて動きたいじゃないですか。

でも、国民って、だいたい50年後のこと興味無いじゃないですか。(死ぬから)で、政治家って、その50年後のことに興味ない人たちに支持されないとダメじゃないですか。

僕、その構造にすっごく興味がないんですよねー…。だから参政意識もないし、「僕は僕の今の暮らしにしか興味がなくて、そんな人の意見を聞いて国を運営してたら大変なので、50年後のこと考えて頑張ってください」って思ってるんですよ。

「今戦争したくないかどうか」で色々決まって欲しくないんですよね。

明日戦争して、それから500年戦争しなくていいなら、明日戦争したほうがいいじゃないですか。でも、僕はそんなのイヤだから、「戦争なんてイヤだ!」って言っちゃうじゃないですか。僕の生きてるうちに消費税あがるのはイヤだから、「100年後国が滅びますよ」には「それはもう知らん!」って言っちゃうじゃないですか。

 

だから、トランプさんのことも、一旦黙って見てて欲しいんですよねー…。

早いんですよ、いろいろな意見が飛び交うのが。

 

なんかこう、もうちょっと、「国」ってやつを扱う人をリスペクトしたほうがいいと思うんですよね。安倍総理も。そんなね、僕らみたいな、「今の自分の生活」が視野じゃないんですから…。そりゃ、「今の自分の生活」を視野に入れます!って政治家は人気でしょうけど、僕はちょっと…、そいつに「国」には触れて欲しくないな、って思うんですよね。

時間がね、かかるのよ。

 

なにこの、うわべの急な政治論。

論でもねーし。

 

はずかしー。

 

(了)

 

記事のはじめと終わりの高低差で耳キーンなるわ。