プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

メガネニカナウ、終了。

メガネニカナウ2、ご来場いただきました方々、誠にありがとうございました。

私のような若輩者が、と言えるほど若輩でもなくなってきたこの頃ですが、自分よりもキャリアのある人たちと作品作りが出来るのは、刺激的でごじゃった。

自分に足りないものも存分に見えた。そう、それはコミュ力じゃわい。

コミュ力さえあれば、もう少しスムースに作品作りができたんだと思うのじゃ。

 

うむむむむ。そいつは無理な相談なのじゃ。

 

もはや色々こじらせまくった僕にはコミュ力ばつぐん皆と関わりまくるぜ系男子=KING AND HEAVYには絶対になれないので、なんかこう、高圧的な、灰皿投げる系男子として生きていくしかない。

演出家として、欠けてしまったコミュ力をどう補うかを考えれば、もう灰皿を投げるしか道は残されてないのじゃ。恐怖政治で人を支配するしかないのじゃ。

 

うむむむむ。そいつも無理な相談なのじゃ。

 

とにもかくにも、無事に終演して良かったです。

なかなか悩ましい作品作りの現場で、俳優にも変なプレッシャーをかけたことだと思います。嘘をついたり、取り繕ったりすることが苦手なので、すみません。

 

でも、千秋楽のステージが終わった後、僕は心の底から「お!今日は俳優の労をねぎらいたい!」と思い楽屋に駆けつけました。そして、いつも通り誰の目も見ず俯いたまま「今日は良かったんじゃないですか?!」と言ったときの、俳優たちとの「うん、今日は何か、良かったかも!」という反応を聞きました。

「こういう時間を作りたい」を共有できた瞬間は、少し感動的でした。

 

それが稽古三日目だったらどんなに良かったかと思うけれど。

と、水を差して、上昇志向。

 

演劇を作るためには全員がきちんと稽古に参加する時間が本当に必要なのだと、再確認。結局のところ稽古なんてのは再現率を高める作業だ。

ここでいう再現率とは、「同じ動作、同じ声色をするための」という意味ではなく、「結果的に同じ動作、同じ声色になる可能性を高めるための」という意味だ。

それが「結果的」である以上、計算式を作るための何かが欠けていれば、立ちどころに稽古の意味なんてなくなる。少なくとも、僕の作品においての話。

 

例えば河口仁さんは今、三週連続で本番だ。

そんなことが可能なのか?と思う。まあ可能とおっさんだと思う。

けれど、多分、僕の芝居だとそれは難しいかな。

 

僕の作りたいものは、それじゃ難しいんだろうな。

 

単純な話、河口仁さんがいないときに重ねた稽古は、河口仁さんがやってきた瞬間に無意味になると僕は思っている。もちろん極論だけど。シーンごとの抜き稽古をするとか、全然意味はあるけど、とりあえず極論を言っときゃ分かりやすいじゃないか。

 

今回僕が「全員揃わないなら、この日は休みにしようかな…」と言ったら、逸平さんが「全員揃わなくても、稽古場は空いてるから、台詞を覚えたりしてていいよ」と言ってくれたりした。たしか結果休みにはしたが、稽古場に訪れた俳優もいたはずだ。

 

それは確かに意味のあることだけど、でも、あれやん?

「台詞を覚える」とかは、まあ、勝手にやってくれって話やん?

 

それって全然、「稽古」じゃねーし。知らねーし。

 

あれ?俺なんで公演終了後の暖かい挨拶でまた全方位に敵作ろうとしてんの?

なんで?

俺、なんでなん?

 

西村快人くんなんて、ほんと台詞覚えワリーの。

台詞覚えとか、そんなん、こっちはマジで知らんやん?

それはもう、演出とか、関係ないやん?

 

……おい、俺、なんでなん?

 

西村くんごめん。これを読んでるかわからないけどごめん。

多分、西村くんも別の作品作りではすごく輝くんだろうし、もし俳優がやりにくい思いをしたとしたらそれはほんと演出の責任だから。

この気持ち、Patchと作った時も感じたなあ…。

 

他の作品でビカビカに輝く人が、なんで僕の作品になると、立ちどころに曇るんだろうって、劇団以外で作品を作ると感じてしまうねえ。またコミュ力の、問題かなあ。

 

無言探偵は、ミステリ風の何かにしようと思って作りました。

ので、ミステリの禁じ手、後出しじゃんけん祭りを開催しました。そして「ミステリといえばどんでん返しだ!」「どんでん返し…どんでん返し…どんでん返し…ちゃぶ台返しだ!」という発想で、あんなオチにしました。

 

挟み込みパンフレットの中に婚姻届を忍ばせてます。お気づきでしょうか。

この仕掛けには、「どーせ観劇慣れしたテメーらは、中身をろくすっぽ見ねーんだろ?」というディスも込められていました。

思い切りラストシーンで示唆しているのに、やっぱり気づかない方もいたりして。

 

でも、客席で見ていると、開演前に発見している方もちらほら。「……?」という顔で婚姻届を眺めている人を見ていると、なんだかもう僕はほんとにごめんなさいでした。

 

斜め前の方がじっと見てたんですけど、ほんとに頭上に「?」を浮かべながら、他のどんなチラシよりも長時間それを見ていましたね。すみません、変なことして。

 

えーと。

僕も二朗松田さんみたいな作品解説がしたい。ここはあれがこうでって言いたい。でも特にない。あ、そうだ。登場人物の名前、全員苗字しかないんですけど、

中西、木田、加藤、草野、稲寺、の五人で、あれです。スマップです。

加藤だけ香じゃないんですけど、どうせ音だから関係ねーしと思って。

 

単に名前を考えるのが面倒でこうしました。

 

…元ネタ、とかじゃなくて。…ただ面倒で……あれ?

二朗さんの解説こんなんちゃうな……。もっと意味のあること書いてはるのに…。

 

えーと、あれです。

最後にかかった曲は、コナンの曲です。

なんか、あれかなと思って。

ミステリっぽいかなと思って。

 

……あれ?

 

気持ち悪い吐く、終わります。

ついでに佐々木誠、誕生日おめでとうオロロロロロr。

 

(了)