読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プライバシーの侵害だ

匿名劇壇という劇団を主宰する福谷圭祐のブログ。このブログは基本的に自分のためだけに使おうと思います。考えをまとめたり、情報を整理したり。ま、もちろん他人の目に触れることは意識して書くけれど。 でも、あまり読まれたくはない。だからタイトルは、 「プライバシーの侵害だ」 。

「空リプ」を断罪する

僕はいわゆる「顔も見せずにネットでネチネチ言うネット弁慶」的な性質を持ち合わせているが、それでも自分は「いわゆるネット弁慶」と一線を画していると思っている。

それは自分の顔も名前も完全に明らかにした上で、さらに「言葉を投げかける対象」も明確にして発信しているからだ。たまに、「ネットに書くなら本人に言え」や「本人に言えないことをネットに書くな」と叱られることもあるが、僕の考えはこうだ。

「本人に伝えるつもりでネットに書いている」し、「名指ししている」し、「ネットに書いたほうが他者を巻き込んで話をすることができる」と思っている。端的に言えばネットに書かなくたって本人に言うことは出来るけど、「そんなことよりせっかくなら色々巻き込んで話した方が良くね?つーかマジそれがアタシら発信者の役目じゃね?」というギャル的かつ自己陶酔的な発想から、こうしてネットに書いたりしている。

基本的には、僕がネットで発信する動機のほとんどは、謎のニューロン発火により湧き出るジャーナリズム精神だ。そして自分の全てを消費されたいというピエロ精神。

 

「直接言うのが怖いから」という側面ももちろん無くはない。

しかしこれはやや弁解しておきたくて、「怖いからじゃない」と言えば嘘になるが、嘘になるが、ほとんどはそうじゃないのだ。多くの原因は口下手であるということが大きい。僕は思ったことをあまり流暢に話せない。(ゆえに「伝わらないことが怖い」、という側面がある。

そして伝わらなかったときの暴力もちょっと怖い。)僕が何かを流暢に話しているときは、大抵「思ってもいないこと」を話しているときだ。これは長い付き合いになる諸君なら分かってくれると思う。僕は「自分が何を思っているのか」を見極める能力が弱くて、それを言語化するのに非常に時間がかかる。逆に、何一つ自分の考えなどを持っていないときほど、驚くべき速度で言葉がスルスルと出てくる。僕がペラペラと喋っているときはぜひ「怪しい…」と思っていただきたい。多分最後に「知らんけど」「適当ですけど」「嘘ですけど」と言い放つことだろう。

 

つまり、いつだって考えを、「そもそも何を考えているか」を見つけ出し、かつそれを正確に言語化するために、文章化する。そしてそれを「伝えたい」と思う。これは咎められることのない人間の性質だろう。だからメールでも何でも当人に伝わりさえすれば構わないのだが、「せっかくなら」公開しようじゃないか、と思うのが僕の性質(能力名:報道化(ジャーナリズムピエロ))で、咎められるとすればそこである。

せっかくならと公開する理由は「この話題の本質は、その人に伝えて終わるよりも、共有する価値があるのではないか」と思うからだ。お芝居の感想然り、劇団内の会議内容然り。もちろん僕だって、なんでもオープンにすることが美徳であるというような過激な考えは持っていない。隠す部分は隠す。ある種の公開するほどの「価値」をそこに見出せた時、僕は「ネット弁慶」的な顔付きでそこに仁王立ちするのである。逆に言えば、そうじゃなければ公開などしないのである。

 

さて、こうまで自分を擁護しながら何を書こうとしているかというと、「いわゆる”空リプ”的な、ネットにおける曖昧な情報発信が僕は大いに気に入らない」という話を今日はしようと思っているのだ。

”空リプ”とは、ツイッターにおいて特定の誰かに宛てた内容だと予想できる呟きでありながら、わざと名指しをせずに呟く行為のことだ。リプというのはややツイッターに限定される用語だが、僕はこの行為をツイッターに限らずブログやその他全てのSNSで度々目撃するので、これらをまとめて「空リプ的な発信」と呼んでいる。

僕はあれこそが真のネット弁慶であり、ジャーナリズム精神の欠片も、ギャル的な自己陶酔の面白さも無い、極めて非生産的なウンコの垂れ流しだと思っているのだ。あんな退屈で面白くない行為、今すぐやめていただきたい。

 

無論、いつもの僕ならここで名指しをしよう。前述した通り、それが有意義な行いであると信じている場合もあるからだ。しかし今日はしない。しないことによって、この行為が如何に無意味で、特定の相手、もしくは不特定多数に不快感しか生まないものであるかを知らしめてやろうと思う。

 

僕はたびたび目撃する。おそらく「僕のブログの内容についての言葉」だろうなと思えるものだったり、「僕の作った演劇の感想」だろうなと思えるものだったり。気に入らないのは、僕の名前を出さないことにより、陰口的になっていることなどではない。そんなことより何より、僕の名前を出さないことにより、発信がほぼ無価値になっていることに腹が立つのだ!それが極めて不愉快なのである。例で言うとこんな感じだ。脈絡なく、こんなツイートが飛び出す。おそらく、僕のブログや演劇についてのことだろうと思われるタイミングや仄めかす書き方で、投稿される。

 

「なんかそれってどうなのかなぁ。もうちょっと、ちゃんとしたほうがいいんじゃないかな。ま、あれだから、あれだけど。@xxx-xxx」

 

なんだその、無対象に垂れ流される言葉たちは。僕のブログを読んで思ったことがあったのなら、「このブログを読んで」と示したまえ!そうじゃないと、わからないだろう!みんなに!伝わらないだろう!この発信の仕方で、誰に何が伝わるというのだ!?

 

伝えるために書いてるんじゃないのか!

そうじゃないのなら、筆を折ってキーボードを砕きタッチパネルを割りたまえ!

 

さて、ここまで読んだ諸君はどう思っただろうか。僕はおそらく予想できる。ストレスがたまっているだろう。「このブログってあの人のこと言ってるのかなあ?」と思ったり、場合によっては「あれ?これ、もしかして僕のこと書いてるのかな?」と思い、むしゃくしゃしたりするだろう。それほどに、無対象な言葉の垂れ流しは無意味で空虚で退屈で、場合によっては不快感のみを残す最低の行いなのだ。あえて書いているこのブログですら、自己嫌悪が止まらない。

 

僕はこれらにお客様を除外するつもりは毛頭ない。誰だって同じだ。僕は、発信する者の努め、意味、価値、それらをとても大切にしている。誰でも発信できる世の中になったが、「発信」にはせめて「矜持」が必要だ。「能力」は無くたってかまわない。そんな時代は終わった。資質やなんだがなくたって、発信することは出来る。だけど、矜持を失っては終わりだ。「ネットに書く」「誰もが見られる場所に書く」、「だからこそ」は必要だ。誇りを持って、発信しなければならない。自己満足なら日記に書きたまえ。君の書いているそれは、誰もがアクセスできる場所だ。

 

誰かの目に触れられたいと思って書いていることを、自覚しなさい。

自分のその欲望を、自覚しなさい。

 

過激な言い方になりつつあるのでフォローしておくが、何もSNSで面白い発信ばかりしろという意味ではない。「今日は寒いね」は結構。存分に発信しよう。寒さを分かち合おう。

 

「なんかそれってどうなのかなぁ。もうちょっと、ちゃんとしたほうがいいんじゃないかな。ま、あれだから、あれだけど。@xxx-xxx」

 

これで何を分かち合えるというのだ!?

何のことだかわからないじゃないか。

 

あ、あとこれも補足しておこう。名前を出さないこと全てを否定しているわけでもない。何らかの特定の出来事の内容を伝えたりするときに、名前を必ずしも出す必要はない。ま、要は「何を伝えようとしていて、どんな表現の仕方をしているか」が重要なわけだ。

僕が嫌われてるからかわからないが、僕についてのことは大体、「…いやこれ俺にしか伝わらないじゃないか…」っていうものが多いのだ。だから多分、僕しか知らない。だったら僕に伝えてよって話で。そして、もっと言えば、伝えるつもりもなくソイツはソコに書いているのだ。はっはっは、だったら、誰もがアクセスできる場所に書くなよ。誰もが見れる所に書くなら、せめてもうちょっと「何のことについて」かを明確にしろよ。発信者としてプライドを持てよ。

 

うーん…。

なんかズレていくような気がする。もっと単純な言い方をしよう。さっきのセクションの言葉遣いは荒すぎたし、流暢に口が回って思ってもないことが飛び出た気がする。

 

Aさんとリアルワールドで喋ったとするでしょ? でAさんとバイバイしたあと、

Bさんが「あー。話長い。うざ。」ってツイートしたらさ、

 

このツイートって、Aさんにしか伝わらなくて、他の人には無意味でしょ?

かつ、Aさんにとってだって「あれ…?これ…僕のことかな…?」って思うだけで、それで終わるでしょ?

 

こんな!無意味なことを!やめようと!

僕はそれが言いたいだけなんだ!

 

 例えば、なんだろうな。僕のブログを読んだであろう後の発信でもさ、「とあるブログを読んで(※福谷注 これは無くても正直かまわない)僕は○○を大事にしていて、○○が○○なのだと思った」とかなら全然いいんですよ。これはね、発信出来てますから。誰かに何かを伝えると言うことを、自覚的に出来てますから。

「あー。話長い。うざ。」じゃなくて、

「話の長い人って、あたしあんまり好きじゃないんですよね」なら良いんですよ。

 

「え?それいいの?」ってみんな思ったでしょ?

 

いいんですよ!

僕は、そういうことが言いたいんです!

なんとなく輪郭掴めますか?

 

何の芝居を見たかを書かずに、

「こういう芝居は作りたくないな @xxx-xxx」

じゃねーんだよ!!

 

どういう芝居だよ!? 伝えろよ!

伝えたいんだろ!?

誰かに何かを発信したくてたまらないんだろ!?

 

だったら!ちゃんと!

 

書け!

 

「発信したくてたまらない」という欲望に無自覚なまま、

あるいはそれを飼い慣らしてるつもりで、

中途半端な何の価値もない発信をしている奴らはダメだ。

 

誇りを持て。

 

さて、ここらへんでいつものようにちゃぶ台を返して終わろうと思うが、先ほど自分のツイートを全て消した。特に大きな理由はないが、僕はツイートを定期的に消す。なぜなら、「人の考えは変わる」からだ。僕は実は今でもスターを目指しているが、スターになったときに三年も四年も前のツイートを掘り起こされても困る。特定の劇団の芝居を酷評していても、次に上演するお芝居が最高だと思うことなんてママある。そんなときに、「こいつこんなツイート昔しとったで!!」なんて騒がれたらたまったもんじゃない。

だから、ま、せめて一年。一年くらいで消すのがちょうどいいんじゃないかなと思っている。プライドを持てと喚いた後、どうだい、この体たらく。

 

じゃあ、最後に涙がちょちょぎれる衝撃の捨て台詞を吐いて終わるとしよう。

 

俺今日誕生日やねん。

 

(了)

 

p.s. 誕生日にこんな居た堪れないブログを書いてしまう僕を可愛いと思った人はリツイートしてください。